ビワ仕込む酒のかおりや風湿り

ビワ仕込む酒のかおりや風湿り   淨至
また久しぶりの投稿である、ついに節季は「小暑」になってしまった。
初めてビワ酒を仕込んでみた。
夏に仕込む果実酒は梅酒が定番であるが、スーパーに行けば酒コーナーに何種類も並んでいる。
梅酒と雌雄を争う美味しい果実酒と言えばビワ酒と聞いている。
でもビワ酒はどの店にもないので自分で仕込むことにする。
ビワをブランデーに漬けて、飲めるのは半年後からであるので味はどうであろうか。
焼酎に漬ける予定であったが、ブランデーのほうが美味しい味になるらしいと聞いたから。
続いて、白桃もジンに漬け、サクランボをラム酒に漬けた。
今年の冬は果実酒三昧になるかも。
酒はあまり飲めないが、果実酒作りは楽しいものだ。
薄曇り、気温27度、梅雨湿りの空は蒸し暑い、早く梅雨明けになって欲しい。
トラノオの房が風にゆられてやけに涼しそうだ、酒の香りが家中に充満してきた。