Diarium.xyz

  開設 2017年10月9日 心に思うがままに                                                                 

2020年02月

春動く

春動く水面も羽音の強気かな

春動く水面も羽音の強きかな   淨至​
先日の寒波も遠のき やっと早春らしい穏やかな日よりである
暖冬とはいえ やはり雪が降らないと気になるものだ
やっと雪らしい雪が積もってはいたが この好天でほとんど消えてしまった
久しぶりに湖山池の畔を歩いて なにか早春らしい草花が咲いていないか探す
蕗の薹を探したが まだ早いのか見つけることできず
ときどき池から鳥の声と羽音が聞こえてくる
どうやら 北帰行が近づいてきたのかもしれない
ちょっと羽音が強く感じられるのは気のせいかな
猫柳を見つけた これぞ早春の季語 春動く を見つけたような気がした

ただ一輪の蠟梅だが

うす日透けただ一輪のろう梅よ寂しき庭の春をことほぎ

うす日透けただ一輪のろう梅よ
     寂しき庭の春をことほぎ   淨至

今年はまれにない暖冬だ といえど庭には花がなくば寂しい
暖地では様々な春を告げる花の便りが聞かれるが 我が庭にはまだない
しかし 5年前に植えていた蠟梅の小枝に やっとただ一輪だが花を付けているのを見つけた
苗を移植すると 何年かは花を付けないこともあるようだと聞いていたので安堵できた次第
我が庭にやっと春が来て ことほぎのように思えた
蠟梅は晩冬の季語なので立春では使えない 
久しぶりに短歌にして詠んでみた


春に入る

胃カメラや鬼は逃げたか春に入る

胃カメラや鬼は逃げたか春に入る

立春に胃カメラで検査する
自分の胃袋はいつ見ても気持ちの良い物ではない
どうやら異常は見つけられず 
結果は 総合検査での総合的な診察をみて



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 巣籠もりの日々
  • 春の愁い
  • 桜と椿
  • 咳の音
  • 春動く
  • ただ一輪の蠟梅だが
  • 春に入る
  • 正月も終われば
  • 水田地帯にて
  • ライブドアブログ