ひと言を探しあぐめん寒見舞い

正月も終わった
次が寒中見舞いである
欠礼のはがきが例年になく届いた
これも私がそれなりの齢になったのだろう
少し淋しさを感じる
そして宛先の事情に合わせて文章を替えて自作する
これがなんとも手間のかかることか
年賀状よりは楽であったが