うす日透けただ一輪のろう梅よ寂しき庭の春をことほぎ

うす日透けただ一輪のろう梅よ
     寂しき庭の春をことほぎ   淨至

今年はまれにない暖冬だ といえど庭には花がなくば寂しい
暖地では様々な春を告げる花の便りが聞かれるが 我が庭にはまだない
しかし 5年前に植えていた蠟梅の小枝に やっとただ一輪だが花を付けているのを見つけた
苗を移植すると 何年かは花を付けないこともあるようだと聞いていたので安堵できた次第
我が庭にやっと春が来て ことほぎのように思えた
蠟梅は晩冬の季語なので立春では使えない 
久しぶりに短歌にして詠んでみた