風物詩好まざるとも秋衣装


風物詩好まざるとも秋衣装   浄至

空き地とか、放置された畑が急に黄色くなってきた。
今年も背高泡立草の花が繁茂する季節がきたようだ。
根っこから毒を出して、周辺の植物を枯らしてしまうため、農家、園芸業者から疎まれている。
駆除はしているのだが、繁殖力が強く手に負えない。
どうやら、この侵略植物、嫌われながらも長年絶えてきたのが幸いして、市民権を得たようだ。
その美しい黄色に、生け花の花材になっているとか、そして知ってか知らいでか、自宅の花壇とか植木鉢で育てている方も、今ではすっかり秋の風物詩になっている。
やっぱり花は花なのか。