Diarium.xyz

  開設 2017年10月9日 心に思うがままに                                                                 

秋分

ディスプレー

昨日、10年は使っていたディスプレーの画面が急に真っ黒になって、なにも映らなくなった。
どこか接続不良かと調べてみたが異常なし。
困ったなと、あちこちつついて見るも変わらず、結局寿命のようで諦める。
どうりで最近になり、画面がぼやけてくる現象が度々あったのだが、PCのやり過ぎで目の疲れかなと思っていた。

どうやらディスプレーの長年による酷使が原因かと思われる。
近くの販売店にて、最新のディスプレーを物色するも時期が悪い。
もうすぐ愛車の車検が迫っていて、ちょっと物入りである、おまけに消費税がアップしたばかりだ。
同じ壊れるなら、9月に壊れて欲しかった、などなど悩んでも仕方ないが。
今日になり、ふと使ってない古いPCの事思い出した。
もう十七年も前のMacである、処理速度が極端に遅くて使い物にならないが、ディスプレーはまだ使えるはずだ。
現在はWin型と同規格で簡単に接続できるが、当時はMac専用のコネクタでないとディスプレーが接続できなかった。
そこでDVIをADCへの変換アダプターを準備していたが、一度も使わずホコリをかぶっていた。
それを引っ張り出して繋いで見たところ正常に映されたではないか。
これで、思いがけない出費を免れ大いに喜んだ次第。
しばらくは、このディスプレーにお世話になりそうだ。

秋明菊の花言葉

関電や野分けの中に目とじれず

関電や野分けの中に目とじれず   淨至
もう十月だというのに、台風が次々に襲来で、落ち着けない日々です。
台風、古名は【野分け】、これ以上被害を被りたくありません。
今年の秋の台風の目はどうやら関電の上空にもありそうです。
一連のスキャンダルに、マスコミの目が釘付けです。
これからの事は関係機関に委ねるしかありませんが、注意深く見守る事にしましょうか。
今年も公園に秋明菊が咲き出しました、いつ見ても気品のある花です。
ところがこの花を切るときは注意が必要。
花・茎から出る汁(乳液)は猛毒で、口に入ると死に至ることもあるとか。
それに、この花の花言葉は、すぐに関電の現状と重なってしまった。
【薄れ行く愛】また【失われ行く愛】とは、ただ【忍耐】の花言葉もあった。
この事態を忍耐で耐え凌ぎ、台風の目が通り過ぎるのを待つのかも。
最後まで目を閉じることができないようです。

秋の空

秋の空移ろいやすし人ごころ色あせ消えてなにも覚えず

秋の空移ろいやすし人ごころ
色あせ消えてなにも覚えず   浄至
なんとか心と秋の空 などは秋の天気の変わりやすさと
変わりやすい人心を重ねた詩だが
今日は朝は曇り 昼前になると晴れ 15時頃になるとまた曇り
風弱く凌ぎやすいのだが これが秋の空なのかも
足下を見れば 露草がかろうじて 踏まれず咲いていた
古来より露草は染色のために使われていたらしい 
古名は月草 万葉集で歌われている
露草で衣を染めても 水で洗うとすぐに色あせて消えてしまうらしい
その現象から 恋心が冷めて お相手がなびいてくれなくなり
失恋の切なさを 露草で染めた衣に重ねた和歌ばかりだ
現在社会でマスコミで騒がれた人々も いつのまにか忘れられ
消えてしまう現象も同じようなことかも

便り書き

便りくる心はずます嬉しさよ我が悪筆の返書もあぐむ

便りくる心はずます嬉しさよ
      我が悪筆の返書もあぐむ

                      浄至
友人より便りが来る 残暑見舞いであるが
やはり便りが来ると どことなく嬉しくはなる
ところが従来の悪筆で 返書となると一大決心がいる
結局 PCソフトを使って作ってしまう
まあこれが とどのつまりであるが
最近は便りといえば電話とかメールとかで連絡してしまう
これが悪いとは言わないが 
やはり便りとは 手紙とか葉書でいただくと嬉しさ倍増である
あるサークルの案内状を毎月出している これも便りになるのかも
ところが 月により情報量が異なる
ほぼ葉書だけで事足りるのであるが 時には封筒でなければ
収まらない場合もある
A4サイズで2から4枚くらいなら長型3号の封筒で82円である
これはこれでいいのであるが
1枚の場合 これでも82円とはと考え込んでしまうことがある
最近 郵便書簡という葉書と同じ62円で送れる官製封筒の存在を知る
さっそくこの春使ってみたが初めてのことで 要領が分からず手っ取り早くタックシールを貼り付けて 宛先も送り先も済ませてしまった
この秋は 送り先は いつも写真俳句で使っているフォトショップエレメンツで作って封筒に直接印刷して上手くいった
今度は宛名の印刷で困り 検索で調べたがそんな情報は見つけることができなかった 結局またタックシールで済ましてしまったが
どうやら 封筒のサイズは横92ミリ縦165ミリだが 自分でのり代の部分を折り込んで貼り付けるため 複雑な形状になり困難のようだ
しかし あれこれ考えてやっと気が付いた 最初からのり付けをして封筒にしてから印刷すれば可能であることが もっとも郵便番号枠に合わせるためには 位置の微調整が必要であるし プリンターとソフトによっては不可能な場合も ただまだ試していないので・・・?
郵便書簡には 内側に罫線が印刷してあり 直接便せんとして使える
なんでも 葉書の4倍の情報量が書けるとか まことに切手も便せんも準備の必要なく 官製葉書ような感覚で送れる格安の封書である
こんな優れものがあるとは もっと早く気が付けばよかった

十月柵

嵐去る十月柵の慈悲の陽よ

嵐去る十月柵の慈悲の陽よ   浄至

9月尽は台風24号の刻々変わる台風情報を見ていた
それでも正午くらいまでは 風も弱く雨が続いていたが
午後になると徐々に風が強くなり 夕方になると強烈な風雨となる
すでに全ての交通機関は運休とテレビ情報
午後10時半頃になると 徐々に風雨が弱まり外は閑かになる
どうやら台風は東海地方に上陸したらしい
不幸にも上陸した地域の方々には申し訳ないが 
山陰地方からは離れていたため 被害は僅かであり
不幸中の幸いであった
十月柵の朝 台風一過の青空を見て ホットため息
朝日が如来の瑞光か 慈悲に満ちた眼にも感じた
庭木に蜘蛛の巣を見つける
推定風速25メートルを越える強風にも壊れない蜘蛛の糸は
丈夫なものだと感心する
さぞかし蜘蛛も安堵していることだろう​

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 水田地帯にて
  • 秋明菊の花言葉
  • 曼珠沙華
  • ヒグラシ
  • 処暑
  • ビワ酒を仕込む
  • もうすぐ梅雨かなー
  • 桜咲く
  • 蕾もうごめく
  • ライブドアブログ