Diarium.xyz

  開設 2017年10月9日 心に思うがままに                                                                 

彼岸

春分の日にて

春分の諸事そそくさに嵐くる

春分の諸事そそくさに嵐くる   淨至
今日は春分の日、彼岸の中日である。
天気予報では嵐になるとかで、慌てて墓参りの準備。
準備は昨日には済ませておいていたので簡単ではあるが。
朝は快晴で、これは幸運とばかりに、そそくさと墓参りを済ます。
風は強かったが、雨にはならず。
徐々に雲が厚くなり始めたが、風は弱まって行く。
天気予報に肩すかしをくらったような。​

春だ彼岸だ

季の花や仏色いろどり彼岸入る

季の花や仏色いろどり彼岸入る   淨至
お寺関係の諸事ばかり続いて忘れていたが、今日は彼岸の入りである。
我が家の庭に、黄水仙が咲いているのを見つける。
これで一句かと思ったが、彼岸の入りを優先させて詠んだ。
仏色とは、よく寺院で五色の旗が掲げられているのを見かける。
これ仏旗もしくは五色幌と呼ぶ、垂れ幕になっているものもあるが。
青・黄・赤・白・橙の色が横並びの模様になっている。
この色には意味があり、全てお釈迦様の身体を表している。
その中の黄色は、お釈迦様の身体の色で。
過酷な修行に耐える頑強な身体と揺るぎない意志を表すものである。
世界仏教会が制定した、世界共通の旗である。
その他の色は、青は頭髪で定根を、赤は血の色で精進を、白は歯の色で清浄を。
そして、橙は袈裟の色で忍耐を。
最後の縦模様は、お釈迦様の教えの輝きを表している。
黄水仙の色は、まさにお釈迦様の身体の色ではないか。
過酷な冬を耐えて咲いた、頑強な花である。
殺風景な我が庭に、彩りを与えているようだ。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 水田地帯にて
  • 秋明菊の花言葉
  • 曼珠沙華
  • ヒグラシ
  • 処暑
  • ビワ酒を仕込む
  • もうすぐ梅雨かなー
  • 桜咲く
  • 蕾もうごめく
  • ライブドアブログ